ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2014年01月13日

できる できない

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。
久しぶりにブログの画面を見てみますと、ずいぶん変更されています。

パソコン検定はいくつか持っていますが。
何せ私が社会に出た時は、ワープロでしたので。
パソコンの波は一気に押し寄せ。
現在しっかり付いていけているとは、言い難いです。

ここ数年、お勉強熱に拍車をかけておりました。

なにせ、音楽科出というのは、学校のお勉強をろくにしていないわけで。。。
という、いいわけ。

専門書は、理解に時間がかかっております。

話は変わって。

おととしから去年の頭位のマイブームは、小林正観さんです。
図書館にある50冊を何度も読み返していました。
そうすると、NHKで日曜の朝5時〜 土曜の午後1時〜
放送されている「こころの時代」の意味に、ちょっとついていけているか。
前回は、内村鑑三さんのシリーズでしたが、
今回は中村元さんのシリーズが、とっても楽しいです。

他にはまっているのは、「丸山敏雄」さんです。
これは、本当にすごい!

また、ご紹介させていただくと思います。

近況はこのくらいで。

■できてる。できていない

全くできていないですよね。
やる意味あるんですか。

歌ってないですよね。
それでもやるんですか。

できないじゃないですか

こういうことって、よく耳にします。
結局は、止めさせようとしているわけですが。

この原因は、
何を基準にするかということの違いによるものです。

一般的には、みなさん。
ご自分を基準にされています。

働いている方は、健常者が多いですから。
健常者であることが、まだまだ基準になっているようです。

それから病状や症状で。

「認知症の方なんですよ」という言葉が出てくるのならば、
相手を「認知症」として見ていて、「認知症」に合わせている。
これも、ご自分の中に「認知症」とは、こういうものという枠がある。

そして、この意識は無意識です。

合わせている。
どちらが?

おそらく、相手があなたに合わせてくれています。

■全部 とりはらって みよう
相手が、「○○症」だから
でも、健常者とは違うから

そんなことは、もう考えるのは止めよう。

学校では、○○症は、こういう状態です。
と、習ったかもしれません。
新聞記事に書いてあったかもしれません。
本で読んだかも。テレビで見たかも。

では、学校で習った人が目の前にいるのですか?

学校で習った、○○症の人。

どんなことが嫌いで、どんなことが好きですか。

好きな食べ物は何ですか。
好きな音は、何ですか。
得意なリズムは何ですか。

このあたりは、学校である程度習うかもしれません。
ですが、習ったことは万人に共通するものでしょうか。

得意な分野は何ですか。

どれくらい、愛情を持っている人なの?
どれくらい気配りできるの?

それって、あなたの引き出しがなければ、相手の引き出しとあわないのよ。
引き出しのない人から見れば、相手の引き出しは、見えないのよ。

だから、自分の引き出しがないから、
相手が「できていない」ように見えるだけ。

自分を基準にして、見ているから。

自分より、気が利いているかもよ。
自分より、感謝が深いかもよ。

本当に、できないの?
もう1度よく見てみようよ。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☁| Comment(0) | ☆私たちの素晴らしい力(音楽療法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

「モーツァルトを聴けば病気にならない!」和合治久さん

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

音楽療法と言うと、よく返ってくる言葉
「癒し」
この「癒し」という言葉は、一般に知られているわけです。

でも、セラピストは「癒し」なんていう言葉は、使わないでしょう。
そんな次元にはいないからです。
でも、「癒し」で通じれば、それはとてもいいことだと思います。

音楽は、聴いただけで、脳がただちに賦活します。

体のどの部分も動かない方は、本当に音楽が入っているの?
と思いますね。
私も、思います。

ですが、頭の中の働きは、分からないです。
ですから、あきらめるわけにはいかないです。

そして、聴覚は、最後まで残される機能と言われます。
ですから、もうだめだと周りが思ったら、そこでおしまいです。

最後まで、あきらめない。

■聴くだけでいいなんて!

私は、モーツアルトを聴くだけで、何にいいのか、
知りませんでした。
でも、この話は一般の方がご存じなくらい有名ですよね。
モーツァルトを聴けば病気にならない! [単行本] / 和合 治久 (著); ベストセラーズ (刊)

先日、和合先生のお話を聴いて、納得です。

この本には、CDがついています。

脳神経系疾患の予防には、アイネクライネとか、
血液循環系疾患の予防には、ピアノコンチェルトの21番の2楽章とか、
免疫系疾患の予防のためには、セレナード10番の5楽章とか。

1日3回30分ずつ聴けばいいそうですよ。
そして、続けることにより、体質が改善される。

そうなんですよね。

音楽療法って、頻度と継続が必要なんです。
「1回音楽療法を行ったら、不穏がなくなる」
お思いになる方もいらっしゃいますが、
ちょっと、それは、ありえない。

頻度と積み重ねが大事です。

私も、同じことをしつこく何度も行っていきます。
積み重ねの力は、驚くほど、表れます。

高周波音が豊富な、バッハの無伴奏チェロ組曲等でも、
同様の効果が期待できるそうです。

交感神経と副交感神経のバランスが整うのが、大切なんですね。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☀| Comment(0) | ☆本(音楽療法のお話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

「健康モーツァルト療法 免疫音楽医療入門」和合治久さん

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

健康モーツァルト療法―免疫音楽医療入門 [単行本] / 和合 治久 (著); 春秋社 (刊)

音楽のお話と、免疫のお話に焦点が当たっています。

その上で、音楽が免疫に働きかけることで、
具体的にどんな効果があるかについて書かれています。

たとえば、
がん、アレルギー、花粉症、糖尿病、肥満
などが、例にあがっています。

そして、能動的(唄う)な音楽療法は、免疫力の全体に影響を及ぼす
ことが、書かれています。

本当に、素晴らしいですね。

歌うことが、どれだけ健康に影響を及ぼすか。
改めて、認識しなおしました。
posted by 古市美也子 at 19:58| 千葉 ☀| Comment(0) | ☆本(音楽療法のお話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。