ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2011年02月28日

「マスターの教え」ジョン・マクドナルドさん

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

昨年の暮れあたりから、斉藤一人さんの本にはまっています。

今も、100回聞きは行っています。

もう足掛け2年くらいになっちゃうかも〜

題名だけでは内容の見当がつかず、
どんな話が送られてくるのか楽しみにしています。

最近では、一人さんやお弟子さんの本では飽き足らず、
一人さんお勧めの本を読んでいます。

というわけで、

マスターの教え [単行本(ソフトカバー)] / ジョン マクドナルド (著); 山川 紘矢, ...

内容は、潜在意識活用法です。

分かりやすいし、物語風です。

初めて読む人は、きょとんとするかもしれません。

え〜?あるわけないじゃん!
そんなんでできるなら、誰でもやってるよ!

何にしても、そこがミソだと思うのです。

やる人とやらない人の差です。
だまされたと思って、やってみる。
どうしても、それができないんですよね。

よく、心配したり愚痴を口にしてはならないと言いますが、
その理由が丁寧に書かれています。

潜在意識を活用し、宇宙の力と繋がると・・・

世間が気づく
となっています。

目標がなぜ、大切なのか。

外の現象から内へではなく、
内に写した写真が、現実のものとなる。

すごく分かりやすく、手に取るように書かれています。

現状に、満足されていない方はぜひ。

薄くて、字も大きいので読みやすいです。

ちなみに、斉藤一人さんは、
本は7回読むように言われています。
posted by 古市美也子 at 18:08| 千葉 ☔| Comment(0) | ☆本(自己啓発・指針など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

一人とみんなの関わりあい

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

最近は、どんな映画を観に行かれましたか?

誰かと行ったかもしれないし、一人かもしれない。
一緒に行った人のことは覚えていても・・・

周りにどんな人がいたか、覚えていますか?

覚えてないんだよなぁ。

映画に夢中だったし。
一緒にいた人に、夢中だったし。

第一、周りの人のことなんて気づかなかったよ。

それでは、
どんな雰囲気だったかは、覚えていますか?

大爆笑。
しんみり。

内容によっても違うでしょう。

そりゃあ、そうだよ。

■みんなから、いただきます

映画は、みんなで同じ方向を向いています。

そして、「映画を観る」ということを、
全員一緒に行っています。

本当は、ポップコーンが食べたいから。
なんていう理由があるかもしれません。

ですが、建前は「映画を観る」事が目的です。

もしそこに、

おしゃべりしている人がいたら・・・

気が散って、内容が分からなくなってしまう。

大きな声で笑っている人がいたら・・・

つられて笑っちゃったり。
楽しい雰囲気が、自分にも移ってきたり。

一同が、固唾をのんで見守っていたら・・・

こっちまで、緊張して夢中になっちゃったよ。

そうなのです。

自分一人が楽しんでいるはずなのです。

ですが実は、
一緒にいるみなさんに、影響を受けているのです。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☔| Comment(0) | ☆みんなでやるんだ(音楽療法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

優劣じゃないから、相手に合わせてみよう

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

あなたは、ゆっくり歩きますか。
それとも、速足ですか?

■ある日のあなた

「ずいぶん、速く歩くねぇ」
そうかなぁ。自分じゃ、急いでる時はもっと速いよ。

「あなた、歩くの遅いわよ。そんなんじゃ、日が暮れちゃう」
そうかなぁ。自分じゃ速いほうだと思ってるけど。

      ♪      ♪      ♪

テンポってそれぞれですよね。

自分は同じなのに、
Aさんからは、速く思われたり。
Bさんからは、遅く思われたり。

相手が持っているテンポによって、
違う印象を持つわけです。

■優劣はあるか?

では、歩くのが速いといいことはどんなこと?

たとえば、
・目的の時間に早く到達できる
・移動時間が短くてすむ
・早くすめば、他のことができる

では、歩くのが遅いと、どんないいことがあるの?

たとえば、
・楽しみながら、目的地に到達できる
・いろいろな考えが浮かぶ
・目的地に着くのが、楽しみ

      ♪      ♪      ♪

おそらく・・・
セッション中のみなさんのテンポ。

ゆっくりと感じることが多いのではないでしょうか。
もしくは、速すぎる!と感じることもあるでしょう。

そんな時のあなた。
知らず知らずのうちに・・・

あなたのテンポに、みんなを合わせよう!
としているかもしれません。

気づかないうちに、行ってしまうことがあるのです。

自分の持っているテンポに合ったほうが、
気持ちがいいですよね。

だけど、
その方が持っているテンポは、あなたのテンポと違うだけです。

あなたの方がいいや、相手の方がいいということではないのです。

速い方がいいとか、遅い方がいいとかではないのです。

ただ、違うだけなのです。

ですから、
その方の持っているテンポに合わせるだけで、
できることが、ぐ〜ん!と増えるかもしれませんよ。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☁| Comment(0) | ☆テンポについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。