ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2011年08月30日

コントロールする相手を間違えていませんか?

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

夜になると、虫の声がしてきます。

まだ8月。
残りの夏を楽しみたいと思います。

今年の夏は、どんな風だったかをみなさんに伺って、
振り返っていただいたり。

案外、しっかりしたお答えが返ってきたりして、
新たな一面を知る機会になったり、
普段の想いが表面化したり、
期待や願望が表出する場になったりもします。

■聞こう

日常生活において、あなたはどんな風に暮らしているでしょうか。

は?何のこと?

誰でも、自分の都合のいいことを選んでしまうことがあると思います。

私なら、周りから「太るよ」と言われても、アイスクリームを食べたり。

きっと、今頃みんなは勉強しているだろうなぁ。と思っても、
ごろごろしながら漫画を読んだりします。

周りに人がいると、自分の都合のいいように、
もっと涼しく冷房入れてくれないかなぁ。
とか、
電車に乗ったら、もっと、つめてくれないかなぁ。
と思ったり。

自分の都合のいいように、頭の中に浮かんできます。

      ♪      ♪      ♪

頭の中にあるだけなら、まだいいです。

ですが、それを外に出してしまうこともあります。

「アイスクリームが食べたいなぁ」
と思っているのは、まだ、頭の中に浮かんでいるだけの状態です。

アイスクリームを食べたら、実際にやっていることになります。
アイスクリームを食べるだけなら、別に周りの人が困ることにはなりません。

ですが、他のことならどうでしょう。

例えば、相手の話し方。

自分より、ゆっくり話していると、
「もたもたしていて、いらつく!とっとと、しゃべれよ!」
と、浮かんでくるでしょう。

そうすると、どうしますか?

おそらく、
相手が話している間に、自分の言葉を重ねるでしょう。

それも、相手が話している声よりも、大きな声で。
言い方も、するどく、きつく。

話している内容について、質問をしたら、
自分が期待した答えが返ってこない場合。

例えば、
「コーヒーと、紅茶どっちが好き?」
に対し、
「そうだねぇ。温かい飲み物がふさわしい季節になってきたんだねぇ」
という答えが返ってきたら。

「そんなこと聞いてないんだよ!
あんたは、コーヒーか、紅茶って答えればいいんだよ!」

そして、こんな風に言い返している時の言い方は、
きつくて、相手より早口で、大きな声で言い返しているでしょう。

ましてや、こんな時にする質問は、飲み物の話ならばいいのです。
興味本位で質問し、聞いたことを、あたかも自分が知っているように、
他人に吹聴し、自慢したりする。


自分の思った通りにしたい。
自分のいいようにしたい。
自分の利を求めたい。
自分の欲を満たしたい。


我々の日常生活には、こんなことがあふれているのではないでしょうか。

それも、もう習慣になっています。
ですから、無意識に自分の欲を満たすよう、他者をコントロールする。

■相手と一緒にやるんだよ

そんな風に、自分が無意識に行っていること。
必ず、現場で出てしまうでしょう。

それと同時に、イライラ等の不快感も起こるでしょう。
起こった不快感は、外に表出するでしょう。

相手を、自分に合わせるよう努力する。
相手を、自分に合わせるよう、コントロールする。

自分の思った応答。
返ってくるとは、限らないのです。

自分の欲しいテンポ。
起こるわけないのです。

ましてや、相手の話している話の腰を折ると、相手の思考を止めてしまいます。
我々は、みんなの頭がしっかり働いてくれるように、相手に合わせるべきなのです。

みんなが、少しでも、自力でできるように、相手の速度に合わせるべきなのです。

日常で、行っていること。
現場で出てしまいます。

その上、相手に影響を与えてしまいます。

もちろん、悪い影響です。

そこから、「できない」が生まれます。

その上、気持ちに負担を加えます。
その、加わった気持ちへの負担。

積み重なると、どんなことになるでしょう。

どれだけの、悪影響でしょうか。

■コントロールする相手を間違えていませんか?

コントロールしようとする相手。
間違えていませんか?

あなたがコントロールする相手は、
他者ではありません。
自分なのです。

自分を、制御しましょう。

自分が、一体、相手にどんな影響を与えているのか?
自分が、一体、相手に何をもたらしたのか?

まず、自分の行動が、自分の利を追求していることに気づきましょう。
自分の言動を、認識しましょう。
そして、気をつけていきましょう。

相手が、なぜそんな風になっているのか、背景を見ましょう。
相手の、気持ちをくみ取りましょう。
問題は、あなたが解決すればいいのです。
その上で、相手に合わせましょう。

そこから、はじまるのです。

音楽以前の問題です。
ですから、音楽の勉強をしていなくても、誰でもできることなのです。

あなたの、気持ち次第なのです。
posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☁| Comment(0) | ★音楽療法よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

勉強の夏

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

8月は、夏の講習会に参加しています。
講習会が立て込んで、朝から、晩まで勉強勉強。

きぃっ!

先生方の、熱心な様子に本当に感心してしまいます。

受講生には、様々な方がいますから、
全く初めて勉強する人も、経験のある人も。

先生は、どんな質問でも馬鹿にしないで、熱心に答えています。
実った稲穂というわけです。

初めての人でも分かりやすいように、生徒の立場になって応えています。

感心しちゃうよ。
見習わなければなりません。

その代わり、恐ろしく早口です。
もう、ステージを観ているようです。

講義っていうのは、全身全霊なんだなぁ。
先生も、生徒もばてばてになりながら、一生懸命勉強しています。

どんないいセミナーも、講義も。
復習が物を言います。

その場で分かって、いい気になって。
はい それま〜でぇよ〜

では、実践の役に立てません。
でも、そこまで行くのは、なかなか骨です。

それでも、最近では、
勉強の仕方が少し良くなってきた気がします。

3つ子の魂100までとか、
子どものうちが吸い取り紙だから

ということを、理由にしてしまったら、そこでおしまいです。

      ♪      ♪      ♪

今日は、一人で統計の本を読んでいるのですが、
理解が進まず、思ったよりも進みません。

う〜。

昔は、癇癪が起きたけれど、
自分を最近はなだめすかすことが、できてきたか?

いろんな人に会っていると、
一生勉強の道なのだということを、改めて思い知らされます。

うだうだしたいけれど、
あきらめて、こなしていくしかないですねぇ。
posted by 古市美也子 at 20:42| 千葉 🌁| Comment(0) | ★日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。