ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2014年01月13日

できる できない

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。
久しぶりにブログの画面を見てみますと、ずいぶん変更されています。

パソコン検定はいくつか持っていますが。
何せ私が社会に出た時は、ワープロでしたので。
パソコンの波は一気に押し寄せ。
現在しっかり付いていけているとは、言い難いです。

ここ数年、お勉強熱に拍車をかけておりました。

なにせ、音楽科出というのは、学校のお勉強をろくにしていないわけで。。。
という、いいわけ。

専門書は、理解に時間がかかっております。

話は変わって。

おととしから去年の頭位のマイブームは、小林正観さんです。
図書館にある50冊を何度も読み返していました。
そうすると、NHKで日曜の朝5時〜 土曜の午後1時〜
放送されている「こころの時代」の意味に、ちょっとついていけているか。
前回は、内村鑑三さんのシリーズでしたが、
今回は中村元さんのシリーズが、とっても楽しいです。

他にはまっているのは、「丸山敏雄」さんです。
これは、本当にすごい!

また、ご紹介させていただくと思います。

近況はこのくらいで。

■できてる。できていない

全くできていないですよね。
やる意味あるんですか。

歌ってないですよね。
それでもやるんですか。

できないじゃないですか

こういうことって、よく耳にします。
結局は、止めさせようとしているわけですが。

この原因は、
何を基準にするかということの違いによるものです。

一般的には、みなさん。
ご自分を基準にされています。

働いている方は、健常者が多いですから。
健常者であることが、まだまだ基準になっているようです。

それから病状や症状で。

「認知症の方なんですよ」という言葉が出てくるのならば、
相手を「認知症」として見ていて、「認知症」に合わせている。
これも、ご自分の中に「認知症」とは、こういうものという枠がある。

そして、この意識は無意識です。

合わせている。
どちらが?

おそらく、相手があなたに合わせてくれています。

■全部 とりはらって みよう
相手が、「○○症」だから
でも、健常者とは違うから

そんなことは、もう考えるのは止めよう。

学校では、○○症は、こういう状態です。
と、習ったかもしれません。
新聞記事に書いてあったかもしれません。
本で読んだかも。テレビで見たかも。

では、学校で習った人が目の前にいるのですか?

学校で習った、○○症の人。

どんなことが嫌いで、どんなことが好きですか。

好きな食べ物は何ですか。
好きな音は、何ですか。
得意なリズムは何ですか。

このあたりは、学校である程度習うかもしれません。
ですが、習ったことは万人に共通するものでしょうか。

得意な分野は何ですか。

どれくらい、愛情を持っている人なの?
どれくらい気配りできるの?

それって、あなたの引き出しがなければ、相手の引き出しとあわないのよ。
引き出しのない人から見れば、相手の引き出しは、見えないのよ。

だから、自分の引き出しがないから、
相手が「できていない」ように見えるだけ。

自分を基準にして、見ているから。

自分より、気が利いているかもよ。
自分より、感謝が深いかもよ。

本当に、できないの?
もう1度よく見てみようよ。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☁| Comment(0) | ☆私たちの素晴らしい力(音楽療法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。