ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2010年07月09日

できなくたっていいじゃん

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

みなさんが、これからしはじめること。

こんなの簡単だよ〜。できる!

それとも、

できるわけないじゃん!

と、してみようともしない。

どちらでしょうか。

★できる・できない

おそらく、今までの生活の中で身につけたこと
なのではないかと思うのです。

自分には、「できる」と思っている人は、
今までやったことが一度もないことまで、
できると思って取りかかります。

その反対に、「できない」
と思っている人は、
何度もやったことがあるのに、
「できない」と思って、やろうともしません。

そして、
「私には、できないから」

これは、「知っている・知らない」
も同じです。

よ〜く知っていることも、「知らない」
よ〜く分かっていることも、「分からない」

こんな言葉が、それも、すぐ!
出てきます。
即座に出てくるのです。

まだまだあります。

聞えているのに、「聞えない」
見えているのに、「見えない」

こんなこともあります。

「私は、見えないから」
「私は、耳が遠いから」

★やらせちゃえ!

なぜかは、分かりませんが、
日常の中で、「やってみよう」が減ってしまったのだと思います。

それは、
間違っていると恥をかくから
みんなの中で、自分に時間をとらせるのが悪いから
年をとってきた自分は、若い時とは違うから

とにかく、
「分からない」
「知らない」
「聞えない」
「できない」
「見えない」

と言っていれば、無難にすぎると思っている。

一体何が、無難にすぎるのでしょう。

それから、自分で行わず、
「他の人にやらせちゃえ!」

というのもあるようです。

もし、それをまともに受けると・・・

★その結果はなあに?

そんな風に過ごしていると、どんなことが起こるでしょう。

一番顕著なのは、自分の持っている力を使わないことでしょう。

自分の頭を使って、考えない
自分の耳を使わない
自分の目を使わない
集中しない
自分の記憶を、思い起こすのを止める
工夫を全くしない

こんな日常生活。

待っていることは・・・

ご自身の機能の退行です。

他の誰かが困るのではない。
自分の身体の衰えを、自分で早めることになっている。

その場の、安易な怠け心。
積み重なって招く結果。

分からなくたっていいのです。
正解・不正解ではないのです。
上手い・下手ではないのです。
早い・遅いではないのです。
できなくたっていいのです。

大事なのは、重要なのは、あなた自身の機能を使うことなのです。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☁| Comment(0) | ☆私たちの素晴らしい力(音楽療法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。