ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2010年09月12日

虫の声を聞くのはどうして?

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

夏は蝉がみーんみん。

では、今の季節は何の音が聞こえますか?

★秋の音だけれど・・・

施設の中でも聞こえるかもしれません。
ですが、認識しなければ分からないこともあります。

ですから、その季節に聞こえる音を聞いていただきます。

今時分聞こえるのは、昼間はつくつくぼうし(蝉)。
夜になると、秋の虫。

効果音全集(2)動物・鳥・虫

効果音全集(2)動物・鳥・虫

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2004/08/25
  • メディア: CD



これが、私の使っているCDです。

蝉の声が聞えると、天井を探す方もいます。

そして、コオロギの声が流れると・・・

「いいねぇ!」

あぁ、よかった〜 というのはつかの間・・・

「蝉の声!」
「カエル!」

こんな言葉。あなたなら、どうしますか?

★虫の声を流すのはどうして?

正解、不正解ではないのです。

・ご自分の機能をしっかり使うこと
・季節を感じ取り、味わうこと

このためには、サッと音を流して
ハイ おしまい。

ではありません。

何度もCDをかけたり、長く流します。

長く流していると、スタッフの方には
「長いなぁ〜」
「もう飽きたよ〜」
「あの人飽きてきてるから・・・」

とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、音がしてから理解するまでの時間は、
私たちと同じ速さではないのです。

ですから、私たちが飽きるくらい聞いていただいて、
やっと刺激が到達することが多いです。

他の虫の声と聴き比べていくこともあります。

違いをつかむことで、何か分かることもあるのです。

        ♪        ♪        ♪

時間をかけていくと、

「カエルじゃないや」
とご自身で分かったり、

周りの方と「鈴虫かしら?」など尋ね合ったり。

そして、集中が増していきます。

日常生活において、集中が増す機会。
大変少ないのではないでしょうか。

そうすると
「あぁ、いいねぇ〜」
「秋だねぇ〜」
「こんなにきれいに鳴くんだねぇ」

趣を味わっていただくことで、季節の認識ができます。

これを何度も行うことにより、
みなさんの「聞く」が、増していくのです。

じっくり行うことで、しっかりできるようになるのです。

みなさんの力。
ちょっと、眠っていただけなのです。
posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☁| Comment(0) | ☆私たちの素晴らしい力(音楽療法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。