ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2012年06月27日

一人でやるのは、嫌だけど

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

みんなの中に、座っているあなた。
いきなり、指名をされたらどうしますか?

はい!と、喜んで引き受ける。
え〜?と、周りを見回す。

どちらでしょう。

■なんで私がやらなきゃならないの

なんて、思う方は、受け身の方です。
みんなの中に、隠れているから安心。

それは、一つの大事な要素では、あります。

ですが、いつまでも隠れていて、「やらされている」なんて、
思っていたら、自力は、発揮できないかもしれません。

自力が発揮できないと、その人自身の身体を
しっかり使うことまでには、到達しないかもしれません。

自分がやるのは、いやだ。
みんなの注目を集めるのは、いやだ。

ここに隠れている気持ちには、どんなものがありますか?

安心して、いられる環境ではないかもしれません。

たとえば、

あの人、下手ね
引き受けるなんて、でしゃばり

そんな陰口が、横行している集団では、
安心できませんね。

こんな状態は、徐々に崩していかなければなりません。

いつまでも続く受け身。
打破しましょう。

受け身でいると、たとえば言葉。

言っていることを、聞いてはいない。
聞いてはいるけど、理解はしていない。
実際に、自分が行うことになったとすると、
何を行うのかが、分からない。

言葉一つだけでも、こんな状態が生まれていることと思います。

ですが、自分が引き受けるとなれば、

言っていることを、聞きとろうとする。
自分が、何をやるのか、聞く。
自分が、何が分かっていて、分からないのかを、
言葉に出して、周りに聞く。
自分がこれから行うことを、確認のために、聞く。

ざっとですが、こんなことが起こります。

言葉を聞きとる力。
言葉を理解する力。
言葉から、自分の動作に変換する力。

そんな力が、使われることになります。

■一人じゃ、やだよぉ

そんな時は、一人にしなければいいのです。
一人じゃいやでも、あなたも一緒なら、やってみようか。
仲間がいるなら、やってみようか。

そんな風に、気が楽になる。

ですから、誰か一緒にやってくれる人がいると、
みんなの中で、注目が集まっても、できるかもしれません。



posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☀| Comment(0) | ☆みんなでやるんだ(音楽療法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。