ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2012年07月16日

「水木しげるのラバウル戦記」

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

夏になると、歌う曲。
どんなものが、ありますか。

小学生の時は、キャンプに行く前に、
キャンプの歌の練習をしました。

海の歌や、夏の行事のもの。
夏の恋の歌。

ですが、もうひとつあるのです。

歌を歌うにも、自分が実体験をしていない。
ですが、一緒に歌う。

そんな歌があります。

今日は、本のご紹介。
水木しげるのラバウル戦記 [単行本] / 水木 しげる (著); 筑摩書房 (刊)

読んで驚いたのが。

「今度行く島は、パパイヤが山ほどなっている、天国みたいなところ」
というような表現が、出てきます。

ラバウルが、天国だなんて。
天国やパラダイスという言葉が、たくさん出てきます。

水木さんが、敵の襲撃に備え、先頭を歩かされると。
「一番前だと景色が見え、美しさにみとれる」
というような表現が、出てきます。

水木さんは、あちらで見とれ、こちらで見とれ。

いいことばかりを考えると、現実のものとなるなんて言いますが、
そのお手本のように思いました。

      ♪      ♪      ♪

何も知らないで、戦争の歌を行うことは、危険だと思います。

参加者の中にも、
「キノコ雲を見た!」
と、みんなの中で自分が話すことができる喜びの方が、勝り、
原爆が落ちた時のことを、自慢げに話される方もいます。

ですが、内地にいても、南方に行った人のことを、
大変気の毒に思っている女性もいますし、
私たちにとって、実際に、戦地に行った方が、
どんな気持ちでいるかを、推し量るにはあまりあるわけです。

ですから、よく気をつけていかなければならず、
大変注意が必要だと思っています。

posted by 古市美也子 at 07:05| 千葉 ☁| Comment(0) | ☆本(漫画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。