ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2012年07月18日

作業は、できるようになるために、行うのです

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

みんなで一緒に作業をする時。
あなたは、どんな風にしていますか。

1.自分がやって、相手は見ている
2.自分が指示し、相手がやっている
3.自分は、みているだけ
4.みんなで一緒にやっている

■出来るようになってもらおう

先日あった、七夕。
折り紙で作った飾りを、笹に飾るとします。
こういう時、どうしていますか。

切った折り紙を、糊でつける作業。

全部自分が行う。
出来そうな部分だけ、やってもらう。

ここまでは、よくあるパターンです。

たとえばです。

◇あなたが糊を貼るので、相手に見ていてもらう。

 こうすれば、参加に乗り気ではない方々も、
 「いいよ」と言ってくれるかもしれません。

次に、
◇あなたが糊を貼るので、紙を、おさえていてもらう。

 糊を貼るのが、メインの仕事なので、
 おさえているのは、お手伝い係です。
 それならば、自分が主体的ではないので、
 気持ちの負担も軽い。
 作業も、「できるかな」と思えるかもしれません。

次に、
◇あなたが、紙をおさえる係になり、
 糊をくっつけてもらう。

 そのままでは、「できない」「いやだ」となるかもしれません。

 ですが、「ちょっと、用事がある」と、その席を離れたり、
 その間、他の近くにいる人に、
 あなたの紙をおさえる係を、変わってもらったりします。

 今まで携わった人には、「教えてあげて」。

 新たに加わった人には、「○○さんが、教えてくれるよ」
 などと、ちょっとした場をつくります。

働く側の私たちが、場をつくらなければ、
いつまでも同じ状況が続くのです。

それを、変えていくのが、働く人の役割ではありませんか。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 | Comment(0) | ☆みんなでやるんだ(音楽療法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。