ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2012年07月20日

歌えるって、すごいことだよ

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

さぁ、歌いましょう!
と言われたあなた。

大きな声で歌う?
小さい声で歌う?

おそらく、面食らうでしょう。
「え?ここで」
「今、歌うの?」
いろいろ、確認したり。

私なんぞは、そういうてらいが逆にないので、
音痴も、当たりも構わず。
歌い始めてしまいます。

でも、きっと。
大多数の方は、てらいがあるのでしょう。

■てらいは、どこから来るの?

人目が大きな要因だと思います。
それから、常識とは何かということ。

人目は、私が歌ったら、変に思われないかしら?
という、周りに対する、自分の存在をどう思われるか
ではないかと思います。

そして、どう思われるか=よく思われたい
だから→悪く思われたくない

ということが、根底にあるのではないdしょうか。

そして、もうひとつは、
「歌う」ということの常識です。

色々なお育ちの方がいますので、
歌うことは、いけないこと
と、育った方もいます。

他にも、
歌うなんて、はしたない
歌うなんて、恥ずかしいことだ

歌=「     」
    ↑ あなたにとっては、何が入りますか?

こういうこともあります。

その反対に、
歌=楽しい
が、結びついている方もいます。

そんな風に思っている方々。

まず、「歌う」ことができるようになるだけでも、
もう、その人にとっては、すごいことだと思うのです。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☀| Comment(0) | ★音楽療法よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。