ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2012年10月28日

「モーツァルトを聴けば病気にならない!」和合治久さん

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

音楽療法と言うと、よく返ってくる言葉
「癒し」
この「癒し」という言葉は、一般に知られているわけです。

でも、セラピストは「癒し」なんていう言葉は、使わないでしょう。
そんな次元にはいないからです。
でも、「癒し」で通じれば、それはとてもいいことだと思います。

音楽は、聴いただけで、脳がただちに賦活します。

体のどの部分も動かない方は、本当に音楽が入っているの?
と思いますね。
私も、思います。

ですが、頭の中の働きは、分からないです。
ですから、あきらめるわけにはいかないです。

そして、聴覚は、最後まで残される機能と言われます。
ですから、もうだめだと周りが思ったら、そこでおしまいです。

最後まで、あきらめない。

■聴くだけでいいなんて!

私は、モーツアルトを聴くだけで、何にいいのか、
知りませんでした。
でも、この話は一般の方がご存じなくらい有名ですよね。
モーツァルトを聴けば病気にならない! [単行本] / 和合 治久 (著); ベストセラーズ (刊)

先日、和合先生のお話を聴いて、納得です。

この本には、CDがついています。

脳神経系疾患の予防には、アイネクライネとか、
血液循環系疾患の予防には、ピアノコンチェルトの21番の2楽章とか、
免疫系疾患の予防のためには、セレナード10番の5楽章とか。

1日3回30分ずつ聴けばいいそうですよ。
そして、続けることにより、体質が改善される。

そうなんですよね。

音楽療法って、頻度と継続が必要なんです。
「1回音楽療法を行ったら、不穏がなくなる」
お思いになる方もいらっしゃいますが、
ちょっと、それは、ありえない。

頻度と積み重ねが大事です。

私も、同じことをしつこく何度も行っていきます。
積み重ねの力は、驚くほど、表れます。

高周波音が豊富な、バッハの無伴奏チェロ組曲等でも、
同様の効果が期待できるそうです。

交感神経と副交感神経のバランスが整うのが、大切なんですね。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☀| Comment(0) | ☆本(音楽療法のお話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。