ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2011年02月03日

優劣じゃないから、相手に合わせてみよう

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

あなたは、ゆっくり歩きますか。
それとも、速足ですか?

■ある日のあなた

「ずいぶん、速く歩くねぇ」
そうかなぁ。自分じゃ、急いでる時はもっと速いよ。

「あなた、歩くの遅いわよ。そんなんじゃ、日が暮れちゃう」
そうかなぁ。自分じゃ速いほうだと思ってるけど。

      ♪      ♪      ♪

テンポってそれぞれですよね。

自分は同じなのに、
Aさんからは、速く思われたり。
Bさんからは、遅く思われたり。

相手が持っているテンポによって、
違う印象を持つわけです。

■優劣はあるか?

では、歩くのが速いといいことはどんなこと?

たとえば、
・目的の時間に早く到達できる
・移動時間が短くてすむ
・早くすめば、他のことができる

では、歩くのが遅いと、どんないいことがあるの?

たとえば、
・楽しみながら、目的地に到達できる
・いろいろな考えが浮かぶ
・目的地に着くのが、楽しみ

      ♪      ♪      ♪

おそらく・・・
セッション中のみなさんのテンポ。

ゆっくりと感じることが多いのではないでしょうか。
もしくは、速すぎる!と感じることもあるでしょう。

そんな時のあなた。
知らず知らずのうちに・・・

あなたのテンポに、みんなを合わせよう!
としているかもしれません。

気づかないうちに、行ってしまうことがあるのです。

自分の持っているテンポに合ったほうが、
気持ちがいいですよね。

だけど、
その方が持っているテンポは、あなたのテンポと違うだけです。

あなたの方がいいや、相手の方がいいということではないのです。

速い方がいいとか、遅い方がいいとかではないのです。

ただ、違うだけなのです。

ですから、
その方の持っているテンポに合わせるだけで、
できることが、ぐ〜ん!と増えるかもしれませんよ。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☁| Comment(0) | ☆テンポについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

セラピストの動きがペースを招く

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

セラピストの動きが、クライエントのみなさんに影響を与えるお話です。

まず、自分の動きがみなさんに影響を与えるということを知ることが必要です。

今までは、まったく無意識だったかもしれません。
ですが、まず意識してみると・・・

どんな影響を与えているのでしょうか。

最初は、認識することが難しいです。

日常においては、てきぱき動いて仕事が早いことに対する評価は高いかもしれません。ですが、セッション内では必ずしもそうではないのです。

てきぱき動くと、かえってみなさんをあせらせたり、あわてさせたりすることにつながる場合があります。そうすると、もともとゆっくり動いている方に対しては、圧迫感が生まれます。

ご本人がゆっくりならできることも、素早くやろうとすることにより、できなくなってしまいます。

ご本人がしやすいペースが生まれるよう、セラピストの動きがそのペースになるといいのです。






posted by 古市美也子 at 06:00| Comment(0) | ☆テンポについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

動きの影響

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

あなたの周りにこんな人はいませんか。

1.動くスピードが速い人。
2.のんびり動いている人。

そんな人と、一緒に過ごすとき、あなたにどんなことが起こりますか。

ちょっと思い浮かべてみて下さい。

大げさにした例です。
1.なんだかあわててせわしない
→こちらまで速く動かなくっちゃとあわてちゃう

2.のんびりしてるから、驚いちゃう
→こんなにのんびりしてていいのか、心配しちゃう
 せかしたり、イライラしちゃう

誰かの動きに、影響されることがあります。

セッションも同じです。セラピストの動き方が、クライエントのみなさんに影響を与えるのです。





posted by 古市美也子 at 06:00| Comment(0) | ☆テンポについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

自分のテンポに気づいてみよう

こんにちは。音楽療法臨床家の古市です。

【テンポ】について

前回、みなさんのテンポについて気づいていただきましたので、今回は、ご自身のテンポに気づいていただきたいと思います。

普段の自分のテンポ

どんな時に気付きやすいかなぁ。

分かりやすいのは、自分が歩いている時でしょうか。

あなたは、どんな風に歩いていますか?

思い出してみて下さいね。普段の自分ってどうだっけ。

話す速さはどうでしょう?

早口かもしれないし、のんびりしているかもしれないし。

後は、座ったり立ったりする時はどうでしょうか?

パッパと動いているかもしれないし、いかがですか?

お仕事するときは、みなさんパッパと動いていると思うのです。
疲れた時は、のんびり動いているかもしれません。

急いでいる時は早足。

うきうき気分はスキップかもしれないですね。

他には、お話する時、相手に近づきます。
相手が座っていて、自分が立っている場合、
ちゃっちゃと近づきますか?
こういう時は、早く要件を言わなきゃと思っている時かもしれませんね。ドキドキしていたら、なかなか言えないから、なかなか近付けないかもしれません。

いかがでしょうか。

みなさんの日常におけるテンポ。

何か見えましたでしょうか。






posted by 古市美也子 at 08:00| Comment(0) | ☆テンポについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

テンポに対し、自分の中に起こっていることをみよう

こんにちは。音楽療法臨床家の古市です。

【テンポ】のお話

自分の中にどんなことが起こるか?
というお話でした。

私たちが授業や講習会やセミナーなど人が集まる場面でよく行われることだと思うのですが、

テンポアップがあると思います。

はい。できましたね。では、もっと速くしてみましょう。

というわけです。
どんどん速くすると作業が追い付かなくて、てんやわんやになって楽しいです。

ですが、これは日常場面においてなのです。
このテンポを現場に持っていくことは違うのです。

まず、感じ取ることが大切です。

私がよくみなさんを感じるときに行うことは、

一緒に歩いてみる です。

ただ歩くのではなく、歩幅も歩く速さも一緒です。

そうすると、見えなかったものが見えてきます。
聞こえなかった感情を聴きとろうとするのです。

今。ここで。どんな状態でいるのか。

少しですが、気づくことがあると思います。

だから、自分の中に起こる事が大事であり、
自分の中に起こっている事を見る が大変大事なのです。

たとえであげましたが、

テンポアップでてんやわんやでおもしろい気持ちになりたい自分



今、目の前の方がその気持ちを欲しているでしょうか?

まず、自分がやってみて

どんな事が自分の中に起こっているか

それに気づき、見ることが大切です。



posted by 古市美也子 at 00:00| Comment(0) | ☆テンポについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。