ようこそ!お越し下さいました!千葉音楽療法をしている古市です。

2012年07月12日

必要な提示のみ、行う

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

私の歌詞には、絵が書いてありません。

書く方もいますね。
たとえば、
・髪の結い方(桃割れとか)
・紅葉の絵

などです。

その歌詞に合わせた絵が、書いてあったりします。

そして、そういったものを、目にしたことがある方からは、

「もっと、絵が書いてあればいいのに」
「絵が書いてないなんて、手抜きだ」
というようなことを、言われることがあります。

では、質問です。
歌詞に書いてある絵は、何のために、必要なのですか?

■浮かぶことは、人さまざま

昨日は、言葉のお話をしました。
言葉も、絵も、ある部分では同じだと思います。

たとえばです。

「いずみは、三年前から、人を待っている」
という文があるとします。

あなたに、何が浮かんだかが重要なのです。

まず、
「いずみ」とは、何だと思いますか?

・人
・男
・女
・泉

「三年前」とは、あなたにとって、どれほどですか?

・長い
・短い
・普通
・待ち焦がれている
・あっという間

「人」とは、どんな相手でしょう

・友達
・親
・兄弟
・親戚
・仲間
・恋人
・親友
・知人
・郵便屋さん
・仲良しな相手
・お金を貸した相手
・恨みをはらす、相手

「待っている」間、どんな気持ちでいるでしょう

・待ち焦がれている
・もう、くたびれた
・耐えている
・楽しみにしている
・幸せ
・悲しい
・わくわく
・おどろおどろしい

というわけです。

ちょっと、あげただけでも、色々に、見えると思います。
一つの言葉から、色々浮かんでくるわけです。

■提示は、吟味する

音楽や、歌詞を提示するには、わけがある。
目的があるわけです。

そのために、音楽を使う。
そのために、この詩を使う。

歌い終わった後に、私が先に
「悲しい歌ですねぇ」
と言ってしまったら、

本当は、

・ちょっぴり、懐かしかった
・思い出して、うれしかった
・この歌を歌っていた頃の、輝いた自分を見ていた
・大好きな、キクさんと、一緒に歌えて喜んでいた
・自分の歌に、酔っぱらっていた
・ノリノリで、いい気分だった

そんな自分に起こったことが、私の言った
「悲しい歌」という一言で、

・懐かしい→悲しい
・うれしい→悲しい

というように、自分に起こっていたことが、
提示された一言に、感情がすり替わってしまいます。

絵だって、同じだと思うのです。

ヒントで、絵が必要な場合は、あります。

絵が先にあると、自分に浮かぶはずの
風景や情景が、浮かばなくなってしまいます。

先に、絵の提示があるから、狭められてしまうのです。

思い浮かべる能力を、使わないようにわざわざしている。
あるいは、思い浮かべる能力を、狭めてしまう。

こんなことに、なってしまうのでは、ありませんか?

ですから、提示はとても重要です。

働く側から発する、提示(言葉や身振り手振り、絵など)は、
「必要だから行う」ということが、前提だと思います。

必要な提示のみを、行うのです。



posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☁| Comment(0) | ★音楽療法よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

正直な気持ちで、いられたら

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

プラス思考で。
前向きに。
なんて言いますね。

いつでも、いいことが浮かんできたら、楽しいですねぇ。

■安心感が生まれるこんなこと言われたら。

・この歌、もっと歌いたい
・先生は、歌がうまいねぇ
・いい声だねぇ
・もっと、聞きたいよ
・楽しいねぇ
・来週が待ち遠しいよ

うれしくなってしまいますね。

そして、こういった言葉を発することは、
遠慮しなくていいし、
相手を褒めるわけだから、どんどん発していい

よく、「プラス」という言葉が使われています。

「プラス」は、

・前向き
・積極的
・楽しい
・明るい
・進歩ある
・元気な

そんなことでしょうか。

「プラス思考で」
なんて、言います。

そして、公の場ではなおのこと、プラス思考の言葉を用いることは、
いいこととされているように思います。

ですが、内心浮かんでくる言葉。

・先生は、音痴ねぇ
・こんなの、なんで歌わなきゃならないの
・どうして、こんな曲を選んだのかしら
・もう、歌いたくない
・つまんない
・くたびれた
・もう、やりたくない

そんな言葉。

人前で表わすことは、タブーとされているのではないでしょうか。

正直な気持ち。

いつまでも、装ってばかりは、いられません。

内心浮かんでくる言葉を、外に出すことができる。
そして、受け入れられる。

そんな場所。

あなたにとって、安心して居られるのではありませんか。



posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☀| Comment(0) | ★音楽療法よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

その話、必要ですか?

こんにちは。千葉の音楽療法臨床家 古市です。

みんなの前に立つと、何か、言わなければならない気がしてしまう。
そんなこと、ありませんか?

前に立つと、みんなが注目している。
し〜ん。
じぃ〜っと見ています。

あなたのことを。

そんな時、あなたなら、どうしますか?

■話さなきゃいけないか?

前に立つ。
マイクを持つ。

さぁ、話を聞きますよ。の準備万端です。

ところがどっこい。

音楽療法は、療法の前に「音楽」がついています。

お話は、音楽でしょうか?

ちょっと、違う。

ですから、音楽を用いなければなりません。
音楽を、使わないなら、他の療法でいいですよね。

巷には、
作業療法 理学療法 公文の学習療法 アニマルセラピー・・・

あげれば、きりがありません。
様々療法があふれています。

その中で、なぜ音楽なのか。
音楽が持っている力を使っているわけです。

音楽の持っている力が、相手の状態に対して、
必要だからではないでしょうか。

■その話は、必要ですか?

先の話に戻りますが、どうしても前に立つと、話をしてしまう。
これが、よくあることなのです。

そして、一般的だと思うのです。
普通に暮らしていたら、前に立った人は、話をします。

バスガイドさん
校長先生
セミナー講師
政治家の方々

みんな、マイクを持ってお話をします。

この方々は、お話しをするのが目的だからです。

ですが、私たちは違うのです。
話ではなく、音楽を用いるのです。
話と音楽は、別です。

音楽だけが必要なのか、話が必要なのか。
話が必要な場合もあります。

その場合は、話をします。
セラピストが話す場合も、クライエントが話す場合もあります。

「何を話せばいいかわからない」
と言う前に、その話は、なぜ必要なのか考えてみましょう。

posted by 古市美也子 at 06:00| 千葉 ☀| Comment(0) | ★音楽療法よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。